Skip to main content

ウェルビーイング施策を半数が実践、「経営者が重視」と6割以上が回答。グロービス調査を受け、セミナー開催へ!

カテゴリー:企業研修

株式会社グロービス(東京都千代田区、代表取締役:堀義人)の法人向け研修部門(https://gce.globis.co.jp)は、人事及び経営管理の担当者を対象に、「ウェルビーイング」に関する調査を実施しました。本調査によって、従業員・職員のウェルビーイング向上についての取り組みの現状や、意識の高まりが明らかになりました。今回の調査結果を受け、グロービスは2月9日、人事担当者向けの「ウェルビーイング経営の実践に関するセミナー」を開催します。

■調査実施の背景

人的資本経営が注目される中、組織で働く人たちが、身体だけでなく精神や社会的面でも良好な状態であることを目指す、ウェルビーイング向上の重要性が高まっています。このようなウェルビーイングの向上、実現を目指す経営の在り方が、「ウェルビーイング経営」であり、国内外の企業や自治体で取り組みが広がっています。また、2024年9月開催の国連未来サミットでも、ウェルビーイングはその中心的な議題となる見通しです。 また人的資本経営に関する情報の開示が進む中、企業価値を高める要素のひとつとして、「ウェルビーイング経営」の重要性がますます増しているといえます。

そこでグロービスは、従業員・職員のウェルビーイングに関する取り組みの実態や、経営層による重視度を調査しました。調査結果から、ウェルビーイングへの関心が高まっている一方で、組織規模による意識や取り組みの違いが顕著であり、「ウェルビーイング経営」を実行するうえで課題を抱えている企業が多いことが明らかになりました。  

               

■調査概要
調査期間:2023年11月22日~2023年12月8日
調査対象:人事、経営管理の担当者
回答人数:202名
調査方法:インターネットによるアンケート

<調査結果トピック>
① ウェルビーイング向上に向けた取り組みの状況:
ウェルビーイング向上に取り組んでいる組織は約半数

② 経営層のウェルビーイング重視度:
回答者の6割以上が、所属する組織の経営層はウェルビーイングを重視していると回答

③ウェルビーイング推進において重視していること:
「従業員・職員のエンゲージメント向上」が1位、自由記述のコメントからは課題が浮き彫りに

             

【トピック①】ウェルビーイング向上に向けた取り組みの状況

202401_図1_Wellbeing
[図1]

従業員・職員のウェルビーイング向上に向けた取り組みの状況を尋ねると、約半数が「既に社内で何かしらの取り組みを行っている」「社内での取り組みについて見直しを検討している」と回答、現在取り組みを実施中であることが分かりました。約4割が「情報収集は終わり、社内での取り組みを検討している」「情報収集中」と回答し、ウェルビーイングに対する関心の高さが伺えます。(図1)

          

202401_図2_Well-being
[図2]

組織規模(従業員・職員数)別 でみると、5001人以上の組織においては、7割以上が「既に社内で何かしらの取り組みを行っている」「社内での取り組みについて見直しを検討している」と回答、多くの組織が既にウェルビーイングの実現に向けて取り組んでいることが分かりました。一方で100人以下の組織の約半数が「情報収集中」と回答し、ウェールビーイングに関心はありつつも、まだ具体的なアクションに取り組めていないことが明らかになりました。(図2)

    

【トピック②】経営層のウェルビーイング重視度

202401_図3_Well-being
[図3]

人事や経営管理の担当者に「(あなたが所属している組織の)経営層は、従業員・職員のウェルビーイングを重視していますか?」と聞いたところ、「重視している」という回答が32%、「やや重視している」という回答が31%で合計63%となりました。一方で「重視していない」という回答が4%、「あまり重視していない」という回答が7%で、合計11%にとどまります。重視する姿勢が強い企業がはるかに上回っており、経営層がウェルビーイングを重要性を実感していることが分かります。(図3)

      

202401_図4_Well-being
[図4]

組織規模(従業員・職員数)別でみると、5001人以上の組織においては、「重視している」「やや重視している」と回答した割合が74%、かつ「重視していない」「あまり重視していない」と回答した割合が0%となっており、従業員・職員のウェルビーイングに対する経営層の意識の高さが伺えます。一方で100人以下の組織は「重視していない」「あまり重視していない」と回答した割合が26%という結果で、組織規模により経営層のウェルビーイングへの意識に差があることが読みとれます。(図4)

        

【トピック③】ウェルビーイング推進において重視していること

202401_図5_Well-being
[図5]

「ウェルビーイングに関する取り組みにおいて意識していることは何ですか?(複数回答)」という質問に対し、組織規模(従業員・職員数)に関わらず「従業員のエンゲージメント向上」が1位となりました。さらに「従業員・職員のヘルスケアサポート」や「労働環境の改善」など、従業員・職員の健康の維持・促進や働きやすさに対する意識も高いことが分かりました。しかしながら、規模が小さい組織ほど、「人材の定着化、離職防止」や「優秀な人材の確保」が上位に入っており、昨今深刻になっている企業の人手不足という課題と結びついていると考えられます。(図5)

                   
「ウェルビーイングの検討・実施・見直しに向けてお悩みのことがあれば教えてください」という質問に対して、1001人以上の従業員・職員を抱える大企業、自治体などの担当者の自由記述の回答からは、「ウェルビーイング経営」の実現に向けて多くの課題があることが伺えました。

        
【調査回答者によるコメント(自由記述回答・抜粋)】
💭 ウェルビーイングの定義や解釈が人によってバラバラであるため、他の人事施策と何を差別化して取り組むかがぼんやりとしている。
💭 ウェルビーイング実現に向けた施策は模索・検討中。
💭 何を可視化し、どのように善策を打っていくか、前例がないためトライ・アンド・エラーを重ねている状態。
💭 ウェルビーイング改善に向けた施策の実行が進まない。
💭 「従業員のエンゲージメント」がどのように向上しているのかの可視化が難しい。
                             

                         

グロービスは、従業員・職員のウェルビーイングに対する企業や自治体の関心の高まりを受け、「ウェルビーイング経営」への理解をさらに深めていただくために、人事担当者向けの「ウェルビーイング経営の実践に関するセミナー」を2月9日に開催します。同セミナーでは、「働きがいのある会社」日本版で10年連続ランクインしているグロービスの経営管理本部長として「理想的な企業システム」を実現する組織にすべく自社の経営に携わってきたグロービス・コーポレート・エデュケーション マネジング・ディレクター 内田圭亮が、同社の法人研修部門において、多くの企業の経営課題に対し人・組織の側面から支援してきた経験からのインサイトも交え、講演します。

     
2023年11月には、著書「経営を教える会社の経営 (発行:東洋経済新報社、詳細:https://books.globis.co.jp/2023/11/09/4277/)」を上梓したばかりの内田が、人的資本経営の推進や企業価値の向上を目指した「幸福経営」について、自社事例を交えながら紹介、さらに「ウェルビーイング経営」を成功に導くヒントをお伝えします。

            

■人事向け「ウェルビーイング経営の実践に関するセミナー」開催概要

202401_セミナー

「人的資本経営推進のための、ウェルビーイング経営の実践 ~社員の自己実現を応援し、企業価値向上を目指すには~」

日時 : 2024年2月9日(金) 11:00~12:00
場所 : オンライン(ZOOM)
対象者 : 経営者、人事責任者・ご担当者、人事企画ご担当者、経営企画部門の方
参加費 : 無料
定員 : 500名
講演者 : 株式会社グロービス グロービス・コーポレート・エデュケーション マネジング・ディレクター/顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司 董事 内田 圭亮

<このような方におすすめ>
・  ウェルビーイング経営を理解したい人事担当者または経営者
・  ウェルビーイング経営の取り組み事例を知りたい方
・  社員の幸福を意識した「幸福経営」に取り組みたい方

詳細&お申込み:https://x.gd/7yqwk

                              

◆グロービス (https://www.globis.co.jp

グロービスは1992年の設立来、「経営に関するヒト・カネ・チエの生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内研修事業を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスのほか定額制動画学習サービス「GLOBIS 学び放題」などを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開しています。

グロービス:
学校法人 グロービス経営大学院
・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)/英語(東京、オンライン)
株式会社 グロービス
・グロービス・エグゼクティブ・スクール
・グロービス・マネジメント・スクール
・企業内研修
・出版/電子出版
・「GLOBIS 学び放題×知見録」/「GLOBIS Insights」
・「GLOBIS 学び放題」/「GLOBIS Unlimited」
株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
GLOBIS Asia Pacific Pte. Ltd.
GLOBIS Asia Campus Pte. Ltd.
GLOBIS Thailand Co. Ltd.
GLOBIS USA, Inc.
GLOBIS Europe BV
GLOBIS Manila Inc.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント
・株式会社茨城放送(LuckyFM) 

         

【取材に関するお問い合わせ先】
グロービス 広報室 担当:土橋涼
E-MAIL: pr-info@globis.com

Download PDF
カテゴリー:企業研修

他のニュースリリース

20240618_GLMS GLOPLA

グロービスの企業内研修提供システムと学習管理システム「GLOPLA LMS」の連携を開始! 「GLOPLA LMS」1年間無償提供キャンペーンで、企業の人事DXを加速

企業研修

グロービス「GLOPLA LMS」、250本以上のビジネス動画コンテンツを配信開始へ 5月8日~10日開催の「HR EXPO春 人事労務・教育・採用」に初出展、人事向けセミナーを開催

企業研修その他
20240419_GLOPLA

グロービス「GLOPLA LMS」が「SmartHR」とAPI連携開始、アプリストア「SmartHR Plus」で公開へ! 学習管理システムとクラウド人事労務ソフトの連携で、HR領域のDXを支援

企業研修その他
20231124banner_glopla_kaonavi

グロービス「GLOPLA LMS」が「カオナビ」とAPI連携し、共同で人事向けセミナー開催へ! 学習管理システムとタレントマネジメントシステムが連携して組織のDX化を支援

企業研修その他

グロービス、経産省「DX銘柄」選定企業の人材育成サービス導入が97%を突破! 日経平均銘柄企業に選ばれた上場企業225社の86%が利用 企業DX、デジタル人材の育成が加速

企業研修

グロービス、中国トップビジネススクールのCEIBSと経営幹部向け研修を初開催 企業研修領域における日本で唯一のパートナー企業としてコラボレーションを強化

企業研修
GLOPLA

グロービス、学習管理システム「GLOPLA LMS」にて、生成AIを活用した研修業務支援サービス「GLOPLA AI」の実証実験を開始

企業研修その他
GMAP

グロービス、能力測定テスト「GMAP」累計受験者数55万人突破、採用用途での活用に特化した新サイトをオープン! AIやChatGPTの台頭による論理思考力測定ニーズの高まりに対応

企業研修その他

CONTACT/ACCESS

お問い合わせ・アクセス

ご不明点がありましたら、お近くの拠点・キャンパスや総合窓口にお問い合わせください。

お問い合わせ窓口