ビジョン

経営に関するヒト・カネ・チエの生態系を創り、
社会の創造と変革を行う。

代表 堀義人は1990年、留学中のハーバード・ビジネス・スクールのキャンパスの芝生に座りながらノートに3つの円を描きました。

 

円の中に書いた言葉は、ヒト・カネ・チエ。「ヒト」は、経営大学院の創設と企業内リーダーの育成。「カネ」は、ベンチャー企業への投資。「チエ」は、経営ノウハウの出版・発信。

 

当時思い描いたイメージが、今のグロービスのビジョンです。グロービスは創造と変革の志士たちとともに、さらなる進化を遂げていきます。

代表からのメッセージ

「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、
社会の創造と変革を導く。

グロービスは、1992年に渋谷の小さな貸し教室でマーケティングの1講座からスタートしました。

 

創業から30年を経た今でも変わらずに、「経営に関するヒト・カネ・チエの生態系を創り、社会の創造と変革を行う」というビジョンの実現に向けて取り組んでいます。

 

「ヒト」の面では、「グロービス経営大学院(MBA)」ならびに「グロービス・エグゼクティブ・スクール」にて、「創造と変革の志士」たるビジネスリーダーを育成・輩出し、企業内研修などの「法人向け人材育成サービス」を通じて企業の人材育成・組織開発のサポートを行っています。

 

グロービス経営大学院は、2006年に文部科学省の認可を受け、東京と大阪でMBA学位を授与できるグロービス経営大学院を開学。以来名古屋、仙台、福岡の3キャンパスを加え、2015年からはオンラインで授業を実施し、2017年には水戸、横浜に特設キャンパスを作りました。

 

「カネ」の面では、「グロービス・キャピタル・パートナーズ」にて、スタートアップ企業の経営をトータルにバックアップしています。第一号ファンドは5億円の規模でしたが、現在では運用総額は約1,100億円に至っています。

 

さらに、「チエ」の面では、「グロービスMBAシリーズ」を始めとする経営書の出版ならびに、ビジネスを面白くするナレッジライブラリ「GLOBIS 知見録/Insights」、定額制動画学習サービス「GLOBIS 学び放題/Unlimited」を通じて、経営・マネジメントに役立つ学びのコンテンツをテキスト記事や動画で日本語と英語で提供しています。

 

現在では活動をグローバルに拡げています。アジアをはじめ世界で活躍できるリーダーの育成に取り組むために、2012年に英語MBAプログラムを開始。中国・シンガポール・タイ、そして2021年には米国サンフランシスコにオフィスを開設しました。

 

グロービスは、当初の「アジアNo.1のMBA」の目標を2020年に「テクノベート時代の世界No.1 MBA」に変更しました。いよいよ新たな時代の世界No.1に向けて、「創造」と「変革」に挑み続けていきます。

堀 義人

Yoshito Hori

グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー

堀 義人

Yoshito Hori

グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー