Skip to main content

グロービス、「地方創生プロジェクトを通じた人材育成プログラム」の第2期を実施
資生堂・電通・東京海上日動火災保険・マックスバリュ東海と、沼津市へ地方創生プランを提案

カテゴリー:企業研修

株式会社グロービス(東京都千代田区、代表:堀義人)は、株式会社資生堂(東京都中央区、代表取締役 社長 兼 CEO:魚谷雅彦氏)、株式会社電通(東京都港区、代表取締役社長執行役員:山本敏博氏)、東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区、取締役社長:広瀬伸一氏)、マックスバリュ東海株式会社(静岡県浜松市、代表取締役社長 神尾啓治氏)の4社へ、「地方創生プロジェクトを通じた人材育成プログラム」を実施しました。今般のプログラムは静岡県沼津市を対象地域とするもので、昨年の愛知県一宮市での実施に続き2回目となります。

グロービスでは、地方創生の実現に向けた、地域課題の抽出、戦略の構築、施策の具体化、地域の巻き込みなどの営みが、次世代リーダーに求められる能力の開発に資するものと捉え、本プログラムを企画しました。具体的には、プログラムの参加者が、一定期間、特定の地域に度々赴き、現地の視察や、自治体・地域経済の関係者と議論を交わしながら、社会課題解決/地方創生に繋がる新たなビジネスを考案することを目指します。

本プログラムでは、資生堂、電通、東京海上日動火災保険、マックスバリュ東海、グロービスの各社から選抜された社員13名が参加。今回、沼津市と東京海上日動火災保険が地方創生に関する包括連携協定を締結していることを受け、沼津市の協力の元、当地でプログラムを実施する運びとなりました。

本プログラムは2019年6月から活動を開始。参加者は沼津市を始め、地元企業など、市政や地域経済、街づくりに関わる関係者へヒアリングを実施し、地域資源の理解や地域課題の認識を進めてきました。2019年9月以降は、地方創生のプラン作成と現地での仮説検証を実施。9月の中間プレゼンを経て、11月25日に新屋千樹副市長へ地方創生プランを提案しました。

2019年11月25日 「地方創生プラン」提案の実施風景 於:プラサヴェルデ(静岡県沼津市)
 新屋千樹副市長からの講評の様子

※web用_2019.12.3_GCS地方創生プロジェクト.JPG

地方創生プランの発表では、参加者が3チームに分かれ、それぞれ「子どもたちに沼津市内の特色ある仕事の職業体験を提供する事業」、「公共交通機関の定額乗り放題などのMaaS(Movility as a Service)事業」「沼津駅近接地に設けるキャンプ場を核にしたコミュニティ事業」を提案しました。新屋千樹副市長からは、「現地のリサーチや関係者のヒアリングを通じて、沼津市をよく理解いただいていると感じた。ぜひ提案を参考にしながら今後の市政に生かしたい。」とのコメントをいただきました。

グロービスでは、沼津市での「地方創生プロジェクトを通じた人材育成プログラム」に引き続き、他の地域においても自治体と連携した人材育成プログラムを実施する予定です。これにより、地方創生への寄与と、他社と協働したビジネス提案の機会提供を通じて、企業の次世代リーダーの育成を進めて参ります。

◆参考:沼津市「地方創生プロジェクトを通じた人材育成プログラム」の実施内容

プログラム.jpg

◆グロービス (https://www.globis.co.jp

グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業 を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスなどを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、オンライン)
・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・「GLOBIS知見録」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
・GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社 茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

■本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 担当:田中隆丞
E-MAIL: pr@globis.co.jp TEL:03-5275-3870 FAX:03-5275-3890 https://www.globis.co.jp

カテゴリー:企業研修

他のニュースリリース

公務員のスキル・トレーニングの在り方に関する研究会を設立

企業研修
240628

グロービス、経営幹部向けスクール20周年を記念し、アルムナイイベントを初開催!受講生年間4,000名を突破、人的資本経営の実現に貢献

企業研修
東京のオマーン大使館での調印式(6月6日)

グロービス、オマーン国の王立経営アカデミーとパートナーシップを提携 中東の次世代リーダー育成に貢献

企業研修
20240618_GLMS GLOPLA

グロービスの企業内研修提供システムと学習管理システム「GLOPLA LMS」の連携を開始! 「GLOPLA LMS」1年間無償提供キャンペーンで、企業の人事DXを加速

企業研修

グロービス「GLOPLA LMS」、250本以上のビジネス動画コンテンツを配信開始へ 5月8日~10日開催の「HR EXPO春 人事労務・教育・採用」に初出展、人事向けセミナーを開催

企業研修その他
20240419_GLOPLA

グロービス「GLOPLA LMS」が「SmartHR」とAPI連携開始、アプリストア「SmartHR Plus」で公開へ! 学習管理システムとクラウド人事労務ソフトの連携で、HR領域のDXを支援

企業研修その他

ウェルビーイング施策を半数が実践、「経営者が重視」と6割以上が回答。グロービス調査を受け、セミナー開催へ!

企業研修
20231124banner_glopla_kaonavi

グロービス「GLOPLA LMS」が「カオナビ」とAPI連携し、共同で人事向けセミナー開催へ! 学習管理システムとタレントマネジメントシステムが連携して組織のDX化を支援

企業研修その他

CONTACT/ACCESS

お問い合わせ・アクセス

ご不明点がありましたら、お近くの拠点・キャンパスや総合窓口にお問い合わせください。

お問い合わせ窓口