Skip to main content

グロービス経営大学院、テクノベート経営研究所(TechMaRI)を創設! テクノベート時代の産業創生・人材育成のための調査/研究/教育/発信/実践の知見ネットワークを形成へ

カテゴリー:グロービス経営大学院

グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)は、産業創生・人材育成を研究する機関としてテクノベート経営研究所(Technovate Management Research Institute、以下 TechMaRI)を創設しました。所長には、グロービス・キャピタル・パートナーズ 共同創業パートナーの仮屋薗 聡一が就任しました。

Release_20230612
TechMaRIによる調査/研究/教育/発信/実践の知見ネットワーク

TechMaRIは、MBAプログラムを提供するグロービス経営大学院の知的基盤、テクノベート*1の知見の構築を目的とする学内シンクタンクです。テクノベート時代の産業創生・人材育成を研究し、蓄積した知見をグロービス経営大学院のカリキュラムに反映させると共に、産業創造を目指すグロービス・キャピタル・パートナーズとの連携のもと「日本発のデカコーン輩出」に貢献します。

TechMaRI創設により、グロービスグループ内に産業創生・人材育成のための調査/研究/教育/発信/実践の知見ネットワークが形成され、さまざまなシナジーを生み出しています。TechMaRIは、グロービス経営大学院の創造科目「ベンチャー・キャピタル&ファイナンス」「ベンチャー・マネジメント」「ベンチャー戦略プラニング」における改訂を牽引。グローバル化・デジタルプラットフォーム・AI活用など変化の激しい時代に求められている必要な要素を盛り込み、内容を大幅に充実させました。さらに、テクノベートや経営にまつわる社会人教育の調査や研究を進め、学術界に共有するため定期刊行物「紀要2」に掲載する予定です。またグロービス・キャピタル・パートナーズの活動を支える知的基盤となり、スタートアップの育成、産業創造プラットフォーム拡張を支援。すでに国内の大企業とスタートアップの連携促進、埼玉県をはじめ地方自治体や行政とのコラボーションなどが実現しています。そしてグロービスの定額制動画学習サービス「GLOBIS 学び放題」では、経済産業省が牽引するGX(グリーントランスフォーメーション)3の推進に向けて、GXの知識を学べるコンテンツをTechMaRIの協力により制作しました。

今後TechMaRIは、オウンドメディア「GLOBIS知見録」、日本をよくするプラットフォーム「G1」、グロービス経営大学院の卒業生が集う「リユニオン2023」などを通じて、最先端のテクノロジーの知見を積極的に発信する予定です。TechMaRIの形成する知見ネットワークによりシナジーを生み出し、社会の創造と変革を加速させます。

*1 テクノベート:テクノロジーとイノベーションを組み合わせた造語
*2 グロービス経営大学院紀要 URL: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/globis/-char/ja
*3 脱炭素社会の実現に向けた取り組みを通じた、経済社会システム全体の変革

◇テクノベート経営研究所(Technovate Management Research Institute、略称 TechMaRI)

TechMaRI_logo

【体制】
<所長>
仮屋薗聡一 グロービス・キャピタル・パートナーズ 共同創業パートナー 兼 グロービス経営大学院  教員
<副所長>
髙原康次 グロービス経営大学院 教員 創造ファカルティグループ ファカルティ・コンテンツリーダー ほか
【サイト】 https://mba.globis.ac.jp/feature/technovate/techmari/

≪テクノベート経営研究所設立記念 特別対談 (GLOBIS知見録)≫

  1. デカコーン創出へと続く、日本のスタートアップが変わった10年――テクノベート経営研究所設立記念
    特別対談 #1 URL: https://globis.jp/article/57975
  2. 日本のスタートアップの競争力を高めるのは「エコシステム全体の協力」だ――テクノベート経営研究所設立記念
    特別対談 #2 URL: https://globis.jp/article/57976

    

◇グロービス経営大学院
(日本語プログラム: https://mba.globis.ac.jp 英語プログラム: https://www.globis.ac.jp)
グロービス経営大学院は、2006年の開学以来「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。日本語MBAプログラムは、東京・大阪・名古屋・仙台・福岡・オンラインの6キャンパスに加え、水戸・横浜に特設キャンパスを開設。英語MBAプログラムは、パートタイム・フルタイム・オンラインを展開し、世界各国から多様な学生が集まっています。2006年開学当初78名だった入学者数は、2023年4月には日本語プログラムで1,068名に達し、日本最大のビジネススクールに成長。グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーを育成し、テクノベート時代の世界No.1MBAを目指していきます。

◆グロービス (https://www.globis.co.jp
グロービスは1992年の設立来、「経営に関するヒト・カネ・チエの生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内研修事業を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスのほか定額制動画学習サービス「GLOBIS 学び放題」などを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援および社会的インパクト投資を展開しています。

グロービス:
学校法人 グロービス経営大学院
・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)/英語(東京、オンライン)
株式会社 グロービス
・グロービス・エグゼクティブ・スクール
・グロービス・マネジメント・スクール
・企業内研修
・出版/電子出版
・「GLOBIS知見録」/「GLOBIS Insights」
・「GLOBIS 学び放題」/「GLOBIS Unlimited」
株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
GLOBIS Asia Campus Pte. Ltd.
GLOBIS Asia Pacific Pte. Ltd.
GLOBIS Thailand Co. Ltd.
GLOBIS USA, Inc.
GLOBIS Europe BV

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

【取材に関するお問い合わせ先】
グロービス 広報室 担当:土橋涼
E-MAIL: pr-info@globis.com

カテゴリー:グロービス経営大学院

他のニュースリリース

グロービス経営大学院、第20回「グロービス アルムナイ・アワード」を授与 「あすか会議2024」にて授賞式、社会や組織の創造と変革を実践した6氏へ

グロービス経営大学院
202405_ナノ単科_nda

グロービス経営大学院 動画とAIで学べるMBA単位「ナノ単科」、2024年7月期より「データ・アナリティクス入門」科目を新設! AIコーチング機能は、最新の生成AI「GPT-4o」に対応 

グロービス経営大学院

グロービス経営大学院、2023年度日本語MBAプログラム卒業式を挙行 今年度は1,038名が卒業し、累計の卒業生は8,937名超に

グロービス経営大学院

グロービス経営大学院、デザインカンパニーのグッドパッチ新設科目を共同開発 2024年度7月期より新科目「デジタル・プロトタイピング」の提供開始

グロービス経営大学院

グロービス経営大学院、2024年度日本語MBAプログラム入学式を開催 「テクノベートMBA」「エグゼクティブMBA」、2つのトラックを2024年度より始動

グロービス経営大学院
受講イメージ

グロービス経営大学院、2024年度7月期より「テクノベート・プロダクトマネジメント」「デジタル・プロトタイピング」科目を新設

グロービス経営大学院
20240306_topimage

グロービス、世界で6番目の拠点として創設したGLOBIS Manila、本年4月よりMBA科目「クリティカル・シンキング」開設へ

グロービス経営大学院その他
image

グロービス経営大学院、2024年度4月期より「テクノベート基礎」「ビジネス・サイバーセキュリティ」2つの新設科目を開講

グロービス経営大学院

CONTACT/ACCESS

お問い合わせ・アクセス

ご不明点がありましたら、お近くの拠点・キャンパスや総合窓口にお問い合わせください。

お問い合わせ窓口