Skip to main content

グロービス経営大学院の卒業生、9割以上が入学時より「仕事の成果」がアップ
「ビジネスで論理的思考」を実践している人は、入学時1割未満から卒業後8割以上へ増加
卒業生約900名の「働き方改革と学びの効果に関するアンケート」調査結果から

カテゴリー:グロービス経営大学院

9割以上が仕事の成果を、8割以上が仕事の時間効率を高めることができている。また、インパクトの大きい課題の見極め、ビジネスで論理的思考の実践ができている人は、入学時の1割未満から卒業後の現在ではそれぞれ8割以上と大幅に増加――。グロービス経営大学院(東京都千代田区、学長:堀義人)が卒業生を対象に実施した「働き方改革と学びの効果に関するアンケート」から、グロービスのMBAホルダーの実像が見えてきました。

<「働き方改革と学びの効果に関するアンケート」 調査結果サマリー>
●仕事の成果を高めることができている人 92.9%
●仕事の時間効率を高めることができている人 80.9%
●インパクトの大きい課題の見極めができていると評価している人
入学時6.3% → 現在80.1%
●ビジネスで論理的思考が実践できていると評価している人
入学時5.7% → 現在88.4%

【調査概要】
調査期間: 2019年5月21日~5月28日
調査対象: 2019年4月以前にグロービス経営大学院、および前身のグロービス・オリジナルMBAプログラムを卒業した方
調査方法: インターネットによるアンケート
調査数・回答数: 調査数4598、回答数916(回答率20%)
結果詳細: https://mba.globis.ac.jp/topics/detail-17641.html

本アンケートは、グロービス経営大学院が卒業生を対象に、2019年5月に実施したもので、「グロービスのMBAで得られた能力」「得られた能力を活用して実現できたこと」「ビジネスの生産性を高めることにグロービスのMBAがもたらしたインパクト」などを中心に調査しています。

●仕事の成果を高めることができている人 92.9%
グロービスのMBAで得た能力を活用し実現できたことについて、ビジネスにおいて「よりインパクトの大きい成果を出すこと」ができている人(「よくできている」「できている」「少しできている」の合計)は92.9%。卒業生の多くが、学びから培った能力を活かし、成果につなげていることが窺えます。

設問: グロービスのMBAで得た能力を活用して実現できたことについて教えてください
「よりインパクトの大きい成果を出すこと」(回答数:916)

20190613_仕事の成果.jpg

●仕事の時間効率を高めることができている人 80.9%
グロービスのMBAで得た能力を活用し実現できたことについて、ビジネスにおいて「タイムマネージメントを行い、時間効率を高めること」ができている人(「よくできている」「できている」「少しできている」の合計)は80.9%。多くの卒業生が、成果を高めるとともに、時間の効率化を実現できていることが窺えます。

設問: グロービスのMBAで得た能力を活用して実現できたことについて教えてください
「タイムマネージメントを行い、時間効率を高めること」(回答数:916)

20190613_仕事の時間効率.jpg

●インパクトの大きい課題の見極めができていると評価している人
入学時6.3% → 現在80.1%
グロービスのMBAで得られた能力について、「インパクトの大きい課題を見極める」ことが実践できているか、という設問では、「よく実践できている」「実践できている」と自己評価している人の割合が、入学時の6.3%から卒業後の現在では80.1%と大幅に増加。卒業生の多くが、ビジネスの課題を見極める意識を高め、成果の向上に繋げていることが窺えます。

設問: グロービスのMBAで得られた能力について教えてください
「インパクトの大きい課題を見極める」(回答数916)

20190613_課題の見極め.jpg

●ビジネスで論理的思考が実践できていると評価している人
入学時5.7% → 現在88.4%
グロービスのMBAで得られた能力について、「ビジネスで論理的思考を実践する」ことができているか、という設問では、「よく実践できている」「実践できている」と自己評価している人の割合が、入学時の5.7%から卒業後の現在では88.4%と大幅に増加。卒業生の多くが、論理思考力を高め、これを意識して活用できていることが窺えます。

設問: グロービスのMBAで得られた能力について教えてください
「ビジネスで論理的思考を実践すること」(回答916)
20190613_論理思考の実践.jpg

参考: ビジネスの生産性向上にグロービスのMBAがもたらしたインパクト
<回答者 定性コメント>
論理的思考からのアプローチにより課題解決のプロセスが効率化。また、経営を体系的に学び、ビジネスを複合的に捉えることができるようになったことで、戦略、戦術を網羅的に立案できるようになった。資料作成時間の短縮にも繋がり、経営層とのコミュニケーションコストも削減できた。(30代女性・サービス業)

論理的に、フレームワークを活用して抜け漏れなく、かつ重要な課題にフォーカスした思考が出来るようになった。加えて、論理を知ることで、論理だけではカバーできない範囲(主にヒトの感情面)も配慮して周囲を巻き込むことが出来るようになった。 (30代男性・小売業)

ヒト、モノ、カネ、情報などの知識だけでなく、自らの志が全てを動かすには必要であって、それを発信し続けることで周囲の人から信頼、協力を得られ、組織としての生産性を高められたこと。(40代男性・不動産業)

参考: 生活面において実現できていること
グロービスのMBAで得た能力を活用し実現できたことについて、生活面において、「家庭や趣味の活動時間を増やすこと」ができている人は76.1%となりました。多くの卒業生が、仕事の成果や時間効率を高め、生産性を向上させたことにより、家庭や趣味の活動時間を増やせていると考えられます。

設問: グロービスのMBAで得た能力を活用して実現できたことについて教えてください
「家庭や趣味の活動時間を増やすこと」(回答数:916)

20190613_家庭や趣味.jpg

◆グロービス経営大学院
(日本語プログラム: https://mba.globis.ac.jp 英語プログラム: https://www.globis.ac.jp
グロービス経営大学院は、2003年開始のグロービス・オリジナルMBAプログラムGDBAを前身として、2006年に開学(当初は株式会社立、2008年に学校法人に変更)。開学以来、「能力開発」「人的ネットワークの構築」「志の醸成」を教育理念に掲げ、ビジネスの創造や社会の変革に挑戦する高い志を持ったリーダー輩出のために尽力しています。東京・大阪・名古屋・仙台・福岡の5キャンパスに加え、2014年からオンラインでプログラムを提供。2009年にパートタイム英語MBAプログラム、2012年に全日制英語MBAプログラムを開始し、日本国内のみならず世界各国から留学生を招き入れています。2017年10月には英語オンラインMBAプログラム(本科)を開講しました。2006年開学当初78名だった大学院本科入学者数は、2019年4月には日本語プログラム(通学・オンライン)で902名に達し、日本最大のビジネススクールに成長しています。グロービス経営大学院は、今後も創造と変革を担うビジネスリーダーの育成を支援し、アジアNo. 1のビジネススクールを目指していきます。

◆グロービス (https://www.globis.co.jp
グロービスは1992年の設立来、「経営に関する「ヒト」「カネ」「チエ」の生態系を創り、社会の創造と変革を行う」ことをビジョンに掲げ、各種事業展開を進めてきました。「ヒト」の面では、学校法人としての「グロービス経営大学院」ならびに、株式会社立のスクール「グロービス・エグゼクティブ・スクール」「グロービス・マネジメント・スクール」、企業内集合研修事業 を行うグロービス・コーポレート・エデュケーションとeラーニングやオンラインクラスなどを提供するグロービス・デジタル・プラットフォーム、「カネ」の面では、ベンチャー企業への投資・育成を行うベンチャー・キャピタル「グロービス・キャピタル・パートナーズ」、「チエ」の面では、出版事業ならびに情報発信サイト/アプリ「GLOBIS知見録」により、これを推進しています。さらに社会に対する創造と変革を促進するため、一般社団法人G1によるカンファレンス運営、一般財団法人KIBOW による震災復興支援も展開しています。

グロービス:
・学校法人 グロービス経営大学院
 ・日本語(東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、オンライン)
 ・英語(東京、大阪、オンライン)

・株式会社 グロービス
 ・グロービス・エグゼクティブ・スクール
 ・グロービス・マネジメント・スクール
 ・企業内集合研修
 ・出版/電子出版
 ・「GLOBIS知見録」
・株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
・顧彼思(上海)企業管理諮詢有限公司
・GLOBIS ASIA CAMPUS PTE. LTD.
・GLOBIS Thailand Co. Ltd.

その他の活動:
・一般社団法人G1
・一般財団法人KIBOW
・株式会社 茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメント

■本件に関するお問い合わせ先
グロービス 広報室 担当:田中隆丞
E-mail: pr@globis.co.jp TEL:03-5275-3870 FAX:03-5275-3890 https://www.globis.co.jp

カテゴリー:グロービス経営大学院

他のニュースリリース

202405_ナノ単科_nda

グロービス経営大学院 動画とAIで学べるMBA単位「ナノ単科」、2024年7月期より「データ・アナリティクス入門」科目を新設! AIコーチング機能は、最新の生成AI「GPT-4o」に対応 

グロービス経営大学院

グロービス経営大学院、2023年度日本語MBAプログラム卒業式を挙行 今年度は1,038名が卒業し、累計の卒業生は8,937名超に

グロービス経営大学院

グロービス経営大学院、デザインカンパニーのグッドパッチ新設科目を共同開発 2024年度7月期より新科目「デジタル・プロトタイピング」の提供開始

グロービス経営大学院

グロービス経営大学院、2024年度日本語MBAプログラム入学式を開催 「テクノベートMBA」「エグゼクティブMBA」、2つのトラックを2024年度より始動

グロービス経営大学院
受講イメージ

グロービス経営大学院、2024年度7月期より「テクノベート・プロダクトマネジメント」「デジタル・プロトタイピング」科目を新設

グロービス経営大学院
20240306_topimage

グロービス、世界で6番目の拠点として創設したGLOBIS Manila、本年4月よりMBA科目「クリティカル・シンキング」開設へ

グロービス経営大学院その他
image

グロービス経営大学院、2024年度4月期より「テクノベート基礎」「ビジネス・サイバーセキュリティ」2つの新設科目を開講

グロービス経営大学院
202402_nanoMBA

グロービス経営大学院、「nano-MBA」でFutureLearnと提携 AI活用した単位取得可能な英語版学習プログラムでグローバル展開を加速へ

グロービス経営大学院

CONTACT/ACCESS

お問い合わせ・アクセス

ご不明点がありましたら、お近くの拠点・キャンパスや総合窓口にお問い合わせください。

お問い合わせ窓口